デンタルダイヤモンド社

Contemporary Endodontics 外科的根管治療の必要性

投稿されたレビューはありません。 購入履歴よりレビューを投稿する

「逆根管治療」 専門家たちがその経験から紐解く”成功の鍵”。

一般歯科医が苦手とすることが多い根管治療。処置できる症例と、専門医が行うべき症例の見極めについて、診断、治療方針の決定、治療技術などを解決。マイクロスコープ使用時のポジショニングや、使用器具についても詳説された一冊。

【目次】
1 なぜ逆根管治療は避けられるのか。逆根管治療は誰にでもできるのか。
2 なぜ患者紹介が必要なのか。なぜ患者を紹介できないのか。
3 症例の選択 逆根管治療が必要な症例の診断基準
4 解剖学的複雑性とCBCTによる3次元的診断の必要性
5 現在、マイクロスコープに求められているものは・・・
6 逆根管治療を行うためのポジショニングとアシスタントワーク
7 Microsurgical Instruments
8 麻酔と止血
9 軟組織の取り扱い
10 骨窩洞形成と根尖切除
11 逆根管窩洞形成と逆根管充填
Topics1 外科的根管治療のやり直し症例
Topics2 Odontogenic Sinusitis
Topics3 Surgical Inspection

●編・著:井澤常泰、吉岡隆知
●A4判
●136ページ オールカラー
●2016年10月発行

デンタルカタログ 901ページ掲載

商品コード
商品名
詳細情報
販売価格(税別)
発送
注文

7693273

Contemporary Endodontics 外科的根管治療の必要性

●入数: 1冊

¥9,000

(税込¥9,900)

8月上旬

 

投稿されたレビューはありません。お客様のレビューをお待ちしています。

追加したいお気に入りリストを選択してください