日本歯科新聞社

食べる・飲むメカニズム

投稿されたレビューはありません。 購入履歴よりレビューを投稿する

発生学、摂食・嚥下の現場、関連研究から学ぶ実践書。

内容
摂食・嚥下のしくみや高齢者・障害者・小児の食指導のサポートを、発生学や実際に自身で体感することから学ぶことができます。 診療室・訪問先のみならずニューズレター・イベント企画のヒントや待合室用にと、幅広く役立つ1冊です。

【目次】
第1章 体感してみましょう! -写真・イラストで学ぶ
 1.飲んでみましょう
 2.食べてみましょう
 3.誰かに飲ませてもらいましょう
 4.誰かに食べさせてもらいましょう
 5.[essay]介助する方に知ってほしい心構え
第2章 食べる機能の雑学・研究
 1.咀嚼とは?
 2.空腹感と食欲
 3.吐き気と嘔吐
 4.味覚
 5.口唇の役割
 6.舌の役割
 7.頬の役割
 8.唾液の役割
 9.歯の役割
第3章 胎児・乳児の口腔機能の獲得
 1.胎児の口腔機能の獲得
 2.乳児の口腔機能の獲得
 3.口腔機能Q&A

●編著:摂食研究会、氏家賢明、大野康、日本歯科新聞社「食べる・飲むメカニズム研究班」
●A5判
●112ページ オールカラー
●2015年2月発行

商品コード
商品名
詳細情報
販売価格(税別)
発送
注文

2025214

食べる・飲むメカニズム

●入数: 1冊

¥2,000

(税込¥2,200)

翌営業日

 

投稿されたレビューはありません。お客様のレビューをお待ちしています。

追加したいお気に入りリストを選択してください