ホーム
  • 【感染防止対策マニュアル】スペシャルコンテンツ(1)

スペシャリスト 生田先生が実践する 院内感染防止対策

今こそ始めたい、院内感染防止対策

今、歯科医院での院内感染防止対策が注目されています。
フィード株式会社では、2014年9月に「院内感染防止対策マニュアル[初級編]」を公開しましたが、
そのスペシャルコンテンツとして、超過疎地域に30年以上にわたって根づきつつ、
医院独自の院内感染防止対策を確立した、スペシャリストの取り組みをご紹介します。

◎生田歯科医院の挑戦 ~高齢化率約35%以上の超過疎地域で開業~

 今回ご紹介する生田歯科医院の最初の開業地、熊本県天草郡河浦町宮野河内(当時)は、院長の生田図南先生が生まれ育った地です。ここは昼間の町内人口1200人、高齢化率35%以上、移転先の白木河内でも6000人のアクセス困難な超過疎地で、移転当時、高齢化率約40%の超高齢地域となっていました。
 1984年の開業当時、すでに急速に過疎化は進んでいました。生田先生は都市部での開業をまわりから強く勧められましたが、「故郷である過疎地の患者さんたちを見捨てたくない。逆に、遠くから患者さんが集まるようなシステムをつくろう」と考え、あえてこの地で開業しました。

山間部の緑あふれる地に生田歯科医院は建つ。あたりには街灯もなく、夜になると、
ひっそりとしている。

PROFILE
生田歯科医院 院長
生田図南(いくたとなみ)

1955 年
熊本県生まれ
1981 年
福岡県立九州歯科大学卒業
1984 年
熊本県天草郡
河浦町宮野河内にて開業
2004 年
熊本県天草郡
河浦町白木河内にて移転開業
  • 現在
  • ●一般社団法人国際歯周内科学研究会 常務理事
  • ●歯科医療情報推進機構 理事
  • ●日本口腔感染症学会 常務理事/
     院内感染予防対策認定医 認定委員
  • ●国際歯科学士会 会員
  • 著書に『月刊生田図南――天草発 生田式歯科医療のススメ』(デンタルダイヤモンド社、2013 年)、
  • 『歯周病は薬で治る!! ――90% 以上の有効率!』(現代書林、2009 年)、
  • 『わたしの生田歯科医院――わたしの臨床わたしの経営』(デンタルダイヤモンド社、2005 年)がある。

◎院内感染防止対策にいち早く取り組む

 生田先生が院内感染防止対策に本格的に取り組みはじめたのは、今から22年前の1992年でした。きっかけは、歯科医師会での佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)口腔外科の香月武教授による講演でした。
佐賀医科大学にもHIV患者が来院していること、そのような患者が市中の歯科医院を受診している可能性があることを聞き、「当院の治療で患者さんへ絶対に病気をうつすまい」という強い思いから、院内感染防止対策に堅固な意志をもって取り組みはじめたのでした。
 院内感染防止対策の徹底・維持には、相応の労力とコストがかかります。かといって、それがすぐに患者さん増・収入増に結びついたわけではありませんでした。むしろ、勉強をしてよい治療をすればするほど、再来院の必要性が低下するという矛盾にも直面していました。
 そのなかで転機となったのはメンテナンス中心の治療への方針転換でした。そうすることで、リコール数も増大し、患者数も4.5倍にまでなりました。それを可能にしたのは、長年にわたって努力し続けた院内感染防止対策の徹底であり、それによる患者さんとの深い信頼関係でした。また、信頼関係が強くなればなるほど、患者さんが自費治療を受け入れやすくなり、自費治療も同時に増えていくという相乗効果がありました。

【患者数と天草市の人口推移】

人口減の中、院内感染防止対策の徹底とメンテナンス中心の治療方針が相まって患者数・
自費治療がともに増大していった。

◎やがて院内感染防止対策が当たり前の時代に

 情報が溢れる今、患者さんの感染防止に関する意識も高まっており、やがて、院内感染防止対策が当たり前の時代がやってきます。そのため、今からそれに乗り遅れないように、しっかりと準備を進めたいものです。

超過疎化による患者減・収入減
歯科医師増でさらに患者数の減少
患者は医師を選ぶことがより困難に

歯科医院が生き残る道は差別化しかない

差別化の決め手は、院内感染防止対策!

過疎地・地方ならではのメリットを活かす
●絶対的な信頼・安心感の獲得
長期通院により、より親密な信頼関係が構築できる
●長期症例の蓄積
各年代の患者さんのいろいろなステージと、その後の口腔内変化を、長期にわたって観察できる

次ページは「器具の分類・使い分け」

企画・編集/フィード株式会社

参考文献
『わたしの生田歯科医院』 生田図南著、デンタルダイヤモンド社
『月刊生田図南─天草発 生田式歯科医療のススメ』生田図南著、デンタルダイヤモンド社

取材撮影協力/生田図南・生田歯科医院

PAGETOP